車検

乗っていた車の買取を行う際に、切れそうになっている車検を通してから売るべきなのか悩む人もいるのではないでしょうか。
売る側としては、できれば通さずに売ったほうが高い費用もかかりませんしお得になりますが、通さないで売るとなると査定額が下がってしまうかもしれないと考える人も多いでしょう。
実際、買取業者側からしたら通してある車の方が有利な場合が多く、都合が良いようです。
期間が切れてしまっている車よりも残っている車の方が、次の買い手に売りやすいというメリットがあるからです。
そういった理由から残っている期間が少しでも長い車の方が高値で買い取ってもらうことができるのです。
では売る側としては、どうするのが一番お得なのでしょうか。
一番お得になるのは、一年以上の期間を残して売却する方法です。
残り一年を切ったあたりから、どんどん次の買い手に売りにくくなってしまいますので、一年ちょっと残っているぐらいのときに買取してもらったほうが一番お得になるのです。
しかし買取業者によっては、切れている場合でも高値で買い取ってくれる場合がありますので、複数の業者で査定を依頼してみて、より高い査定額のところを選ぶのが良いかもしれません。