オプション

自動車を売却するときには、買取額の査定をうけることになります。
買取専門店では「買取査定」と呼ばれ、新車買い替えの際の下取りでは「下取査定」と呼ばれます。
この時に自動車そのものの金額とは別に、追加の装備品の有無により査定金額が上下することがあります。
基本的に自動車の追加装備品は、メーカーもしくはディーラーの純正品の場合、査定金額がアップすることが多いです。
例えばカーナビやアルミホイールなどの装備品です。
エアロパーツなども純正エアロの場合には査定金額のアップ要素となります。
しかし追加装備品が社外品の場合は、必ずしも査定金額のアップにはならず、場合によっては査定金額ダウンになってしまう場合があります。
どういうことかというと「追加装備」ではなく「改造」と判断されることがあるわけです。
特にエアロパーツや走行性能などに関連する社外品の追加装備の場合、一般的な店ではかなり査定金額がダウンしてしまうことがありますので、そういった場合には改造車をメインに取り扱う専門のショップなどで査定を受けることをお勧めします。
そういった改造車を欲しがる層にとっては、自分でやろうと思った改造が既に完了しているわけですので、そういった専門ショップであれば査定金額のアップが期待できます。
追加装備品すなわちオプション品は、純正と社外品により結構な差になる場合がありますので、上手に高値売却ができるといいですね。