車をぶつけた、擦った。
そんな時にはどうしてもついてしまう傷。
小さいものだから、見えにくい位置だから、とそのまま放置してしまってはいないでしょうか。
見た目はどんなに小さく目立たなくても、塗装が割れたり、下の地金にまで達しているという事はよくあります。
そして、地金が出てしまうとそこからサビが浮き、車体全体を腐食してしまう恐れが出てきます。
可能ならば、気が付いた時点で応急処置をしましょう。
カーショップでよく売っているタッチペンは手軽に使え、手も汚さなくて済むので、塗装色に合わせて一本持っておくと安心です。
また、車専用の錆止めを塗ってもいいですね。
また、すでにサビが浮いてしまっている時は、少々手間ですが再塗装をお勧めします。
サビをヤスリなどでこすり落とし、塗装します。
少しでもサビが残ってしまうと、塗装の下からまた浮き出てきてしまうので念入りに落としてください。
また、今は腐食性の赤サビを腐食しない黒サビに変える転換剤というものも販売されています。
あまりサビの範囲が広い時にはそれを使うと便利でしょう。
車のガン、とも言われるサビ。サビを未然に食い止めるためには、早め早めの対処が大切だと言えるでしょう。